読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

多様な形態をもつ物語(俊徳丸伝説)の宇宙、その一端を辰巳萬次郎の舞台にかいま見た

平成29年南都春日・興福寺古儀 薪能

(第二日 2017年5月20日)

11時~ 春日大社若宮社  

御社上がりの儀     

能『花月』金春穂高

17時半~ 興福寺 南大門跡・般若之芝     

南大門の儀     

能『杜若』シテ・観世喜之、ワキ・小林努     

狂言『附子』茂山千三郎、丸山やすし、網谷正美     

能『弱法師』シテ・辰巳満次郎、ワキ・原 大(はら まさる)

5月19、20日二日間の演目詳細は次のサイトなどで。 http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/noh/eventinfo/cat482/

 

 今回観劇したのは興福寺での薪能公演のみ。興福寺薪能は初体験だったが、総じて見応えがあった。とりわけ最後の能『弱法師』がひときわ印象に残る。シテ方宝生流能楽師辰巳萬次郎(1959年生まれ)は年齢的にまだまだ体力が充実しているためだと思うが、周囲から弱法師とよばれるように見るからにはかなげな盲目の乞食を演じて見事だった。役者の生身の身体と舞台で演じる人物の身体とは別物だ。病んだ身体で病者は演じることはできない。

 体力旺盛と弱々しい劇中人物とは一見矛盾しそうだが、実はそうともかぎらない。むしろ演技は心身の強靭さが求められる場合が多い。身体を自在に操ることが役者にとって必須のことのように思える。(とはいえ演技の名人の場合、老いが皮相な意図から生じる心身のこわばりをなくす効果が期待できそうな気もするのだが。)

 裕福な家の父と子。父は悪意ある人にそそのかされて子を追い出す。子は盲いとなって諸国を流浪するが、長い年月ののち父と子は再会し和解する。物語は古い言い伝え、河内の国高安(現在の大阪府八尾市を含む地域)を舞台にした「俊徳丸伝説」に拠ることはご承知のとおり。元の伝説では子(俊徳丸)が継母の呪いを受けて失明し物乞いとしてさまようが、能の『弱法師』は父が子を放逐する。物語という面では世界各地の神話、伝説、民話などに多く見られる「貴種流離譚」の典型だ。英雄や貴公子などのように高貴な血筋に生まれ将来偉大な功績をあげる人物は(多くの場合若年時に)艱難辛苦に耐えるという経験を求められるという。たしかに悪人でない限り人が試練に耐える姿は同情をよぶ。こういう展開は民間に流布する昔話などではおなじみだ。

 他方、能(謡曲)では少しちがうようだ。私見に過ぎないが、観客は苦労に苦労を重ねる登場人物に対して憐憫の情を覚えるのではなく、耐え忍ぶ姿を精神というか魂の錬磨だと直感的に感じとるのではないだろうか。『弱法師』の主人公は能で多く見られるような死後も地獄の苦しみを味わう死者が旅の僧の手助けによって魂の救済をえるのとは事情がことなるような気がする。主人公が体現する魂の錬磨が観客の心を、魂を浄化する。観客はいわばカタルシスへと誘われるのだと思える。別離ののちに訪れる再会と和解は物語の締めくくりであってその本編ではない。別離と彷徨こそが本編なのではないか。この点で『弱法師』はいわゆる貴種流離譚に分類される作品群の中で「典型」ではなくむしろ特異だと思える。

 遥か昔、親と子の葛藤が集合的無意識として社会的に共有される。その集合的無意識がいわば目に見える形をとって噂として世間に広まっていった。こうしてできあがった荒削りな物語のひとつが俊徳丸伝説ではないだろうか。

 親子間の葛藤がいつの頃か、おそらく室町時代はじめ(14世紀なかば)総称的に俊徳丸伝説とよばれるようになったらしい。この伝説を世阿弥の長男、観世元雅(15世紀前半の猿楽師)が能形式に仕上げたといわれる。

 一方、語り物芸能に携わる人たちによって説経節『しんとく丸(信徳丸)』にまとめられ世間の評判をよぶ。その変形ともいえる説経節『愛護若』も人気を博した。

 さらにこれが芸術的に洗練されて17世紀以降人形浄瑠璃や歌舞伎では『摂州合邦辻』とよばれる。

 おもしろいことに「俊徳丸伝説」は古典芸能の世界に閉じ込められはしなかった。詩人・劇作家・劇団(「演劇実験室・天井桟敷」)主催者として1960年代なかばから若者世代に絶大な人気を誇った寺山修司が自ら伝説化した自身の母子関係を投影する形でこの伝説を20世紀後半によみがえらせたのだ。このいわゆるアングラ劇の表題は『身毒丸』(1978年初演)だが、その漢字表記が劇中に描かれる母子関係の性的なニュアンスをほのめかす。(ちなみに寺山より先に折口信夫がこの伝説を近代小説可した『身毒丸』(1918年)を書いている。)

 寺山版「俊徳丸伝説」に刺激された鬼才の演出家、故・蜷川幸雄が1995年から2011年にかけてアメリカ公演1回をふくめ6回の上演を達成した。さらに2015年寺山劇団の精神をを継承する「演劇実験室◎万有引力」(J・A・シーザー主宰)が寺山版に大幅な改定を施したうえで上演。

 現在上演される『弱法師』は時代の変化に応じて変化、発展する「俊徳丸伝説」という大きな物語宇宙の中に位置づけられる。今回の能楽師辰巳萬次郎版「俊徳丸伝説」は辰巳萬次郎による凛とした人物造型という点で注目に値するものとして記憶されてしかるべきだろう。

 余計なことかもしれないが、ネット上には<満次郎★ガールズ>と称する熱心なファンが存在することを知って驚いた。

 いやいや先日、5月22日奈良県桜井市郊外、多武峰(とうのみね)にある談山(たんざん)神社で実際に目にしたのである。ただしこちらは<(小鼓方)大倉源次郎♦女子応援団>。熱気がムンムンしていた!「多武峰 談山能」の詳細は hayashi-soichiro.jp/schedule/434.html 。

 女子に負けじと男子も応援隊結成しなくては。<(大鼓方)山本哲也♠ボーイズ>、<(笛方)藤田六郎兵衛(ふじた ろくろびょうえ)♣ボーイズ>を立ち上げたい。

 

 

 

2017年5月姫路城薪能 狂言『察化』、その題名の由来にこだわって

 「察化」ということばは初めて耳にしたせいか、気になって仕方がない。今回の上演はおそらく主に大蔵流が使う台本に従ったのだろうと思う。『日本古典文学大系42 狂言集 上』(小山弘志 校注、岩波書店、1960年、331-341頁)に収録されているのと同じもののようだ。太郎冠者が「伯父御」として連れてきた人物を一目見てニセモノと見抜いた主が家来にその事実を明かす。「あれは 都に隠れもない、みごいの察化というて、大のすっぱ[詐欺師]じゃ」と。校注者によると「みごい」ならびに「さっか」という語の意味は未詳だが、天理図書館が所蔵する『狂言六義』(17世紀中頃)など和泉流に伝わる台本集や『狂言記』(17世紀中頃出版の台本集)にはほぼ同文でつぎのようにあるとのこと。「みごいというのは、人のものを見て、乞うても取るような者じゃによって、見ごいという。さっくわというは、盗人の異名じゃ」(天理本)。なるほど。

 さて、察化に関連して気になっていたのは30年前の松田修氏の発言だ。朝倉喬司が聞き手となったインタビュー記事「狂言にみるサンカの原像」は『マージナル』2号、現代書館、1988年で初出。のちに『松田修 著作集』第8巻(右文書院、2003年)ならびに「KAWADE道の手帳」シリーズ『サンカ 幻の漂白民を探して』(河出書房新社、2005年、162-173頁)に採録されている。朝倉喬司(1943—2010年)は犯罪を含む社会の裏面に鋭い視線を投じたジャーナリストとして活躍した。他方、松田修(1927-2004年)は近世国文学を中心に文化的、政治的、性的異端をテーマに斬新な批評を展開した。両者ともに体制破壊者、制外者に強い関心を示し、新鮮で兆発的な批評の視座を切り開いた。てなことは私的すぎるのでここで中止。

 で、話を察化にもどそう。くだんのインタビュー記事ではさっか(察化)と山地回遊集団といわれる「サンカ」とのかかわりがほんの少し話題になっただけでスルーされてしまった。ただひとつサンカという表現のルーツを中世の制外者集団であった坂者(京都の清水坂や大和と山城を結ぶ交通路であった奈良坂に群れ住んだ貧窮流浪民集団に代表される存在)にたどっているのが興味深い。とにかく話が進展しなかったのも「サンカ」とよばれる集団が学問的にはいまだに未詳なので当然かもしれない。おっと、また薮深い横道に入りそうだ。ここではサンカよりもあくまでサッカ。

 松田氏いわく、「古く固有名詞的に使われている漢字はあてにならぬあて字で、地名や人名でもわれわれはいつもだまされているわけですね。このサッカにしても、大蔵流は察化ですが、和泉流の本では殺すという字に喧嘩の嘩。殺嘩なんです」(『サンカ 幻の漂白民を探して』163頁)。

 「殺嘩」という漢字表記は中世の(金目のものをもっていると目をつけた相手には喧あるいは嘩(かまびす)しくわめいて威嚇し、ときには暴力をふるってでも見乞(見請・みごい)する、すなわち実質的には強奪するペテン師にはぴったりな気がする。わたしの直感はあたっていた。「さっか」ってあまりひびきがよくない感じがしたのだから。

 和泉流では「察化」のかわりに「殺嘩」という題名を使っていたという指摘を手がかりにネット検索すると、

<引用:昭和38(1963)年 zeami.ci.sugiyama-u.ac.jp/~izuka/erito1/kyo/s38.pdf 四月から和泉流野村万蔵氏が渡米され. る由、 日本文化の海外宣伝に貢就 .... 身請咲嘩け逢った頸もない頼うだ人の. 叔父を迎えに出された太郎冠者、 ま. んまと欺されて叔父に化けた身請の. 殺嘩と云うス ッパ を連れて帰る。 身. の盗人は人の目をしのうで ... 

 ここには名古屋狂言共同社発行の月刊『狂言』1963年1月号から2年分の紙面が掲載されている。『狂言』昭和38年4月号に「身請殺嘩についての考察」と題して佐藤秀雄氏が寄稿されている。多分戦後になってからだろうが、殺嘩では物騒な表記であることを慮ってもう一方の表記である咲嘩に統一されるようになったのだろう。「和泉流では『身請殺嘩』又は『身請咲嘩』という此狂言大蔵流では『察化』と云う。身請は身乞ともかき(中略)。大蔵流では身乞の察化とあり別に説明はないが、」に続けて佐藤氏がひとつ気になることを指摘している。「大蔵虎光著の狂言不審議には身乞とはなく似鯉とあり、似鯉についての文献を書き記して(後略)」。

 そこで『狂言不審議』なる書物をネットで探すが、見当たらない。しばらくしてこれは『狂言不審紙(きょうげん ふしんがみ)』らしいと気づく。

 

<引用:「狂言不審紙」 狂言の注釈書。大蔵流八右衛門派7世大蔵虎光著。春夏秋冬の4冊から成る。文政6 (1823) 年の序,同 10年の跋がある。狂言 167番の難解な語句について解説し,作者,演奏の時間などを書きとめたもの。「春」の巻に,狂言の句伝,狂言によく使われる詞や装束,道具などを説明し,狂言1番ずつを注解して 24番,「夏」に 47番,「秋」に 59番,「冬」に 37番を掲げる。 https://kotobank.jp/word/狂言不審紙-52591>

 さいわいなことにこの本は一冊丸々国会図書館のデジタルコレクションで無料公開されている。

<引用:国立国会図書館デジタルコレクション – 狂言不審紙(きょうげん ふしんがみ) dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1125595 書誌情報. 詳細レコード表示にする. 永続的識別子: info:ndljp/pid/1125595; タイトル: 狂言不審紙; 著者:大蔵虎光 著[他]; 出版者: 改造社; 出版年月日: 昭和18; シリーズ名: 改造文庫 ; 第2部 第514篇; 請求記号: 773.9-O57ウ; 書誌ID(NDL-OPACへのリンク) …>

 『察化』に関する記述は165-166頁(デジタル・コレクションで閲覧する場合は84-85コマ目を選ぶ)。

「平野何某伝来之書に、にこひのさつくわと云は、鯉の内に似鯉と言て鯉と見えぬよりて鯉有、是を似鯉と言なり。」(パソコン打ち込みの都合で旧漢字を現代表記に改めた。)

このあと鯉似関する講釈がひとしきり続き、

「按(ここ)に、此狂言のにこひのさつくわと言は、紛敷者故ににこひと言し事にや。さつくわとも言も其時の式に応し、いろいろの者に成て人をたらす成べし。(下線は筆者)。)

  「鯉似」説は身請あるいは身乞というあて字の講釈に比べてかなり強引だ。しかし恥ずかしい話だが、わたしは「みごい」と聞いたとき「真鯉」、「緋鯉」を連想した覚えがあるので無茶な話だとはいいにくい。『狂言不審紙』では長々と専門家もどきの鯉論議を聞かせて根拠づけようとしているところがかわいらしいし、耳を傾けてあげようという気にさせられもする。

 結局「みごい」も「にごい」もどんな漢字を宛てようと自由なのだと思える。的外れでない方向に想像力がかき立てられるなら、それでよしとしたい。

 この『狂言』という月刊紙は途絶えたようだが、狂言共同社は今も名古屋を本拠にして狂言の普及に尽力しているようだ。

<引用:狂言共同社 - 和泉流 山脇派 - www.kyogen.co.jp/ 名古屋を本拠地としながら全国の能舞台で活動する和泉流山脇派の狂言共同社のホームページです。公演案内や演者紹介をはじめ、和泉流狂言の歴史や出張公演の案内等をご紹介しています。>

 ちなみに佐藤秀雄(1912-1984年)氏は名古屋の裕福な文具問屋の次男として生まれ、お店(おおだな)経営者の子弟のしつけと教養の修得を目的に(兄は謡曲)弟は狂言を習わされたそうだ。その結果ご本人はプロの狂言師となり、子や孫の代も同じ道を進んでおいでのようだ。http://www.kyogen.co.jp/member/past/3rd/000047.html

 最後になったが、この佐藤氏の文章にたどり着けたのは椙山女学園大学 飯塚恵理人(えりと)教授(中世国文学、とりわけ能楽)のおかげだ。飯塚氏は古典芸能に関する潤沢な情報を収集し、HPなどにアップしておまけにオープン・アクセスにしておいでだ。自ら古典芸能を愛で、さらにその楽しさを社会全体で共有できるように活動する飯塚氏には感謝に堪えない。

 ご本人が勤務先のサイトで紹介されている。

http://www.ci.sugiyama-u.ac.jp/staffs/166_staff_c.html

 ご本人が作成した公式HP(能、狂言を中心に古典芸能関係の音源が豊富にアーカイブされていて閲覧・聴取自由。 http://zeami.ci.sugiyama-u.ac.jp/~izuka/erito1/

2017年5月12日(金)第47回 姫路城薪能

 姫路薪能姫路城三の丸広場特設舞台で上演された(午後6時時-8時15分)。 当日夜8時から雨だという気象予報。でもまあお天気ばかりは運任せにするしかない。駅から会場に向かう途中道順をきこうとわたしが話しかけた人もおっしゃっていたが、過去にも雨に祟られたことが何度かあったそうだ。

 結局予報どうりに第三曲目「小鍛冶」が後少しで終わるというところで小雨が降り出す。去る4月8日篠山能(兵庫県)と似たような状況。 開演直前に到着。有料席にすわったものの、それでも舞台からかなり離れている。オペラグラスを用意すべきだった。大勢の来場者を見越して観客席の範囲がかなり大きい。

 当日の演目・主な出演者は、 (1)能楽「吉野天人」シテ方:上田拓司 ワキ方:江崎正左衛門 (2)狂言「察化」 茂山千作 (3)能楽「小鍛冶」 シテ方:杉浦豊彦 ワキ方:江崎欽次朗  

 出演者は今回初めて見せていただく方がやや多い。一方すでに舞台を何度か拝見してわたしの方で勝手に気に入っているのは茂山父子(千作、千五郎、茂)、山本哲也(大鼓)、大倉源次郎(小鼓)さんたちだ。

 「吉野天人」は桜を愛でにきた都人が人間の姿をした天女と出会う。人間界を彩る桜に魅された天女は正体を明かし、やがて日が暮れて再度あらわれ五節(ごせち)の舞(宮廷の儀式で舞われる舞の一種)を披露して天界に帰ってゆく。

 古来、吉野はカミの住まいする(吉野山から大峰山山上ヶ岳にいたる金峰山(きんぷせん)と総称される)聖域にふくまれる。そこでカミとヒトが遭遇しても不思議ではない。ヒトはカミを恐れるがその一方で歓待もする。「吉野天人」が描くのはまさにそういう意味合いをもつ両者の出会いだ。

 天界の住人をも感嘆させる桜を一種の贄(にえ)、カミに捧げる供物と考えることもできる。とすれば、桜が媒介するカミとヒトとの出会いはカミとヒトの宴、「神人共食」(「直会(なおらい)」)の場でもある。カミにお供えした物をヒトが食べ、その行為をカミとヒトがともに食事を楽しんだと解釈したい。

 2時間ばかりの薪能世知辛い日常を離れて心の癒しをえられる貴重な機会だ。21世紀の現代だから世知辛いわけではない。人世界は今も昔もちがわないはずだ。いつの世もそれなりのストレスがあり生きづらく感じることがある。600年前の日本人も能、狂言の舞台に救われていたのだろう。

 「小鍛冶」もカミとヒトの出会いがテーマだ。刀鍛冶三條小鍛冶宗近(さんじょうのこかじむねちか)はいかに職人としての技量にすぐれ高名であれ、ココ一番の勝負をする段になると不安から逃れられないようだ。やはりカミの助力が必要なのだ。とはいえ職人なら、いやヒトなら誰でもカミが手をかすかというとそうではない。人物と技術の両面ですぐれていることが大前提。

 後半部で(天皇から依頼された)刀剣を鍛える小鍛冶宗近とその相方(相鎚)を勤める狐の精霊(実は稲荷明神)とが軽やかなテンポで交互に刀を打つ。この場面が見どころの一つだそうだが、こういう現実ではありえないカミとヒトとの出会いを楽しんだ昔の人たちの想像力の豊かさに関心せざるをえない。当時の観客は社会の上層部ばかりでなく一般庶民もいたはずだ。読み書きさえできない人もいただろう。しかし人間社会は万人に見えない教育を施していたのだろうか。人間て、すごいの一語に尽きる。

 ちなみに劇中(茂山一門の)狂言師丸山やすしさんが名刀が生まれる事情を詳細に語る「アイ」役で登場。弁舌爽やかで聞いていて心地よかった。 今回の公演で印象に残ったことの一つは具体的な役者の演技だ。茂山千作とその子息お二人が演じた「察化」(和泉流は「咲嘩」と表記?)

http://style.nikkei.com/article/DGXDZO72576080R10C14A6BE0P01)。千作さんの剽軽ぶりに魅せられた。

 察化とは室町時代のことば(?)で詐欺師をさすそうだ。風流ごとに疎い田舎住まいの主が文芸の嗜みのある都住まいの叔父を連れてくるようにと太郎冠者に命じる。ところが主人はうっかり叔父の名前も住所も告げずに太郎冠者を送り出す。太郎冠者も同様にうっかり者で尋ねる相手の情報なしに慣れない都にやってくる。いい加減な人探しをする太郎冠者は生き馬の眼を抜くような都を泳ぎ回る察化(詐欺師)の餌食に。察化は相手の家に入り込んで金品を盗もうという魂胆らしい。しかし田舎者の主人はコトを荒げずに察化を追い返そうとするが、主人の言動を猿真似する太郎冠者のせいで主人ばかりか察化まで呆れさせてしまう。そんなこんなでコトは丸く納まってしまう。

 昨年秋長男の正邦さんに「千五郎」を襲名させたあと舞台には頻繁に出られるもののご隠居さんぽかった。だが、「察化」の主役である太郎冠者の演技は京都狂言の名門茂山千五郎家の実質的総帥であることを見せつけた。本人の生来の飄々とした人柄と長年の芸で鍛えた演技力があいまって「察化」の性格づけが完璧といっていいほどだった。他方襲名後1年足らずの現・千五郎さんはまだ未熟だ。察化の人のよさばかりが出るだけで詐欺師という面が感じられなかった。善悪の両面性を演じなくてだめだ。

 題名の「察化(咲嘩)」という語句は初めてきいた。ネットで調べてもこの狂言が発信源だとしかわからない。あちこち探しているうちに現代書館がかつて発行していた雑誌『マージナル』(marginal=周辺)第2号(1988年)に国文学者松田 修氏(1927-2004年)を対象にしたインタビュー記事「狂言にみるサンカの原像「察化」があるのを見つけた。「サンカ(山窩」とはかつて作家三角 寛(1903-1971年)が提唱した戸籍、住民登録などを一切拒否して山間を回遊する幻の集団をさす。しかし現在ではこの集団の存在は三角の小説的創作だとされている。ユニークな発想で知られた松田 修がどういう見解をもっていたのかしりたいので上記資料(『マージナル』2号)を読んでみるつもりでいる。(この資料は2005年、河出書房新社からKAWADE・道の手帳シリーズで『サンカ 幻の漂白民を探して』と題して再刊されている。)

 余談だが(人工照明と)かがり火に照らされた「小鍛冶」の舞台の真上を鷺とおぼしき野鳥が(お城周辺に住むらしいアオサギコサギかな?)舞台に向かって左から右方向に飛ぶ。城の(白すぎると批判もあるらしい)白壁に映えて趣があった。観客席からも控えめながらどよめきがあがったのもうなづける。    

 

 先月は狂言を2公演(和泉流・野村一門と大倉流・茂山一門)楽しんだ。だが能は先月はじめの篠山能以来久しぶりになる。役者もさることながら地謡囃子方の声音、楽の音の響きに接するのが待ち遠しかった。会場が名城の庭園で上演中に夜の帳がおりかがり火が燃えるという設定は舞台効果をいやましに高める。と期待していた。  

 たしかに屋内の能舞台では味わえない好ましい雰囲気を味わえた。それに当日の演目もわたしにとって初見であり期待が高まりキャスト陣のすぐれた芸のおかげで大いに楽しめた。これだけいい条件なら不満をもつなんてありえないはずだが、マイクを通してきくセリフや楽の音が本来の魅力をそいでいるように思えてしまったのが残念。  

 あれだけ広い会場なら音声を増幅しなくては公演がなりたたないのは理解できる。以前(まだ能に本気で関心をもてなかった頃)に見た彦根城薪能(舞台と観客席が中庭に接しているとはいえ一応屋内)とか大阪薪能大阪市天王寺区にある生國魂(いくたま)神社境内)はマイクなしだ。それが可能なのはどちらも観客席がかなり限定されていたからだろう。でも生の声・音と機械的に増幅したそれとは別物にしか思えないのもたしかだ。   

 

笛方 藤田六郎兵衛(ふじた ろくろびょうえ)は多面的なアーティスト

 今年(2017年4月8日)に催された「篠山春日能」については別記事で述べさせてもらった。本記事はその続きみたいなもの。

 藤田六郎兵衛さんの(わたしにとっては)意外な面貌について。これまで見たどの笛方も舞台では気難しそうな顔をされていた。藤田六郎兵衛さんも例外ではない。

 終演後地元を走るバスでJR篠山口駅に向かう。能公演の会場であった春日神社そばにバス停がある。だが、バスが来るまで20分あまりあったのでお土産でも買っった後次のバス停から乗ろうと考えた。

 バスに乗り込んでしばらくしてわたしのそばの座席に六郎兵衛さんがおいでではないか。ご自身のスケジュールが混んでいて急いで次の仕事先へむかうところだったかもしれない。そのときも気難しそうなお顔で、すばらしい演奏に対するお礼をひとこと述べたかったけれど気後れしてできなかった。

 先日藤田六郎兵衛さんのことでネット検索していてご本人のHP (http://fujitaryu-noh.jp/) 偶然発見。トップ・ページの右側にある「フォトギャラリー」 をクリックするとご本人が出演した動画を見れる。

 この一連の動画を見て驚いた。御本職の能管演奏ばかりではないのだ。かつてはミュージカルに出演されたり、洋楽とのコラボ、講演などさまざま。多才なお方だ。歌唱の動画もある。おしゃべりしているときの六郎兵衛さんを見ると実は大変人懐っこい御仁だとわかる。

 ちなみに六郎兵衛さんにふれた(2009年1月9日付けの)ブログ (http://pinhukuro.exblog.jp/9379476/) もおもしろい。「三流の笛方は超一流だった あぜくらの集い・「新春『笛』の音楽会」(国立能楽堂)」。

篠山春日能(2017年4月8日)

演目:

能 『桜川』 大槻 文藏 (74歳、2016年7月に人間国宝認定)          
狂言『魚説経(うおぜっきょう)』 茂山 逸平          
能 『邯鄲(かんたん)』 浅見 真州

 ==========

 毎年4月恒例の能・狂言上演を初めて観劇。今年で44回目だが、能・狂言に本気で関心をもってまだ1年足らずのわたしなのでつい最近までまったく知らなかった。

 同じ兵庫県でも「篠山は遠い」という漠然とした感じをもっていたが、自宅から1時間半ほどの楽々日帰り圏内だった。思い込みはこわい。

 会場は数日前からの天気予報では直前まで雨だった。が、幸運なことに当日になると曇りどころか青空さえ顔をのぞかせた。能舞台のそばにある数本の桜が満開に近づいていて能公演のムードを盛りあげていた。

 午後1時開演、終演は午後4時半。午後4時ごろから雲行きが怪しくなり小雨がぱらつくも野天の観客は傘なしでもなんとか耐えられてよかった。

 春日神社能舞台は幕末の頃篠山藩主で幕府の重職を勤めた青山忠良公により寄進されたものだそうだ。

 今回の公演はシテ方観世流能楽師、大槻文藏さんと浅見真州のお二人とワキ方福王流、福王茂十郎さんと(ご子息)福王和幸さんの芸を楽しめた。また狂言は昨年6月以来舞台姿を何度も見ている茂山一門の若手のお一人茂山逸平さんのいつもどおりよく響く声を聞けてよかった。

 ちなみに逸平さんの御父君、茂山七五三(「七五三」は「七五三縄 [しめなわ] -- 注連縄・標縄とも表記 -- に由来していて「しめ」と読む)は能『邯鄲』で劇中ただひとりの狂言方として間狂言(あい きょうげん)を演じる。間狂言は物語の進行を助ける重要な役どころで、まさに狂言回しだ。

 能楽師が演じるシテ方ワキ方の生真面目さ、深刻さとは逆に滑稽味をただよわせる狂言師。無為の人生を過ごしていた青年が一念発起求道の旅に出る。旅の途次(中国の)邯鄲という町で一夜を過ごした宿屋を営むのが非常に下世話な女主人(七五三)。女主人はこの客に人生の指針をしめしてくれるという魔法の枕、「邯鄲の枕」を貸し与える。夢の中で男は波瀾万丈の50年を生きるが、現実的にはわずかな時間の夢が覚めればすべては雲散霧消している。この経験を通して男はあくせくした生き方のむなしさを悟ることになる。

 このような宗教的達観を得るという物語は多少とも滑稽な間狂言が組み込まれることでかえってコトの重大さが観客に伝わる。また観客も緊張しっぱなしでは物語の趣旨を素直に受け入れにくい。芸歴を重ねてある種枯淡の風味を感じさせる七五三さんの演技が生真面目な能作品という大枠を崩さずにふくらみのある芸能に仕上げるのに役立っていたように思う。

 最近、能・狂言に親しむようになったが、いわゆる役者ではない囃子方地謡が魅力的だと思えてきた。今回の公演ではとりわけ囃子方、能管(笛)担当の藤田六郎兵衛さん、小鼓の大倉源次郎さん、大鼓の山本哲也さんが印象に残る。

 以前、能・狂言に親しんでいなかった頃は思いもしなかったことだが、実に「色っぽい」芸能だと気づいた。わたしの場合、この色っぽさは世俗的な意味合いと芸術的、美的、形而上的な意味合いとが分ちがたく結びついている。今後も色っぽい舞台に接していきたい。

 

 

 

 

 

 

春もまた茂山狂言がたまらなくいい

1.『花形狂言 2017』2017年3月31日 兵庫芸術化センター 演目:「蝸牛・改(改訂版)」、「かけとり~落語「かけとり」より~」、「寄せ笑い」、 「My Sweet Home~旅は道連れ~」、「狸山伏」

2.『春爛漫 茂山狂言会 五世茂山千作・十四世茂山千五郎襲名披露記念公演』 2017年4月1日 兵庫芸術化センター 演目:「三番三」、「縄綯」、「髭櫓」

 

 今回幸いにも二日づづけて茂山狂言を楽しめた。茂山社中といえば、昨年7月同じ芸文センターで『花形狂言 2016 — おそれいります、シェイクスピアさん』を見て狂言のおもしろさに気づかされた。ベテラン落語作家小佐田定雄の脚本を元に演出を担当したのがわかぎゑふ(劇団リリパットアーミー II [ツウ] 代表)。こんな豪華版スタッフの功績もさることながら茂山若手陣の活躍が印象に残った。シェイクスピア劇と台本書きに追われる作者としてのシェイクスピアを下地に現実と虚構がごちゃ混ぜになるルイジ・ピランデッロもどきの世界観が舞台に展開する。とてもウィッティな作品だ。

 また近いうちに伝統的狂言から逸脱した芝居が見たい。どういう伝統芸能であれ硬直した「型」、「形式」ばかりが世代から世代へ継承されても仕方がない。伝統の死でしかないだろう。伝統には新しい息吹をふきこまなくては。世代が新しくなれば演者の身体も精神も変化しているはずだ。伝統からの<逸脱>を恐れないように願う。能・狂言の先祖、祖型であった曲芸や物真似などの雑芸が芸術のレベルにまで発展してきたのは伝統の先へ踏み出そうという欲求、衝動があるせいではないか。

 たまたま十二世茂山千五郎(1919—2013年)著『千五郎狂言咄』(講談社、1983年)を読んでいたら、狂言以外のさまざまな芸能分野に踏み出して活躍されていたことを知った。特に興味を引かれたのは30代後半(1955年)で三島由紀夫 作・武智鉄二 演出『綾の鼓』、50代後半(1978年)には(映画監督)中島貞男 作・(実弟)千之丞 演出のギリシャ喜劇風『田舎親爺ソクラテスを殴打したること』という演目だ。故 千五郎ご本人の意欲が感じられる。こういう芸術的野心を受け継ぐ孫や又甥あたる若手連のさらなる冒険が楽しみだ。

 こういう茂山社中との出会いがきっかけで関西での上演作を中心に能・狂言を堪能している。

 今年の花形狂言では「かけとり」と「My Sweet Home~旅は道連れ~」がとりわけ気に入っている。 「かけとり」は元ネタの落語をきいたことがある。人によりさまざまな趣味などに打ち込むというのは世の常。ただし趣味の一種とはいえ「縄綯」にあるような賭け事は要注意だ。暮れの節季には毎年苦労してない知恵を絞り出す庶民の明るさとたくましさが心を打つ。謝金とりに責め立てられる長屋の住人を茂山逸平が演じた。大家が能が趣味だと女房に知恵をさずけられ、相手の趣味を出しに借金の支払いをごまかす。深みのある逸平の声音が大いに効を奏して説得力があった。狂言師だけあって物真似が上手だ。

 もう一つ特筆すべきは囃子方の物真似。女房を演じた茂山茂が能管(笛)のコミカルな口まね。つづいて島田洋海による大小の鼓と太鼓を口と膝打ちで再現。島田の大鼓は素っ頓狂とも思えるかけ声と打ち込みが作品の喜劇的効果を高めていてすばらしかった。

 ついでながら黒々とした髭が自慢の「男」は『源氏物語』に登場する「髭黒の大将」を連想させる。男の身勝手さの典型みたいな人物だ。「髭黒の大将」の方は妻がいながら「玉鬘」を第二の妻にする。もっとも平安時代の貴族階級の規範では複数の妻を娶るのは不道徳ではなかったが。この「玉鬘」というのは光源氏が興味をもっていたのに親友の頭中将がさっさと正妻にしたといういわくつきの女性だ。男女のあいだには複雑な事情が絡むことが多いのか。しかし、一夫多妻の慣習は別にしてこと男の横暴さに関しては室町時代の女性たちも腹に据えかねていたようだ。

 つぎに「My Sweet Home~旅は道連れ~」はなにやら哲学的なテーマかいなと思えた。京から江戸へもどる旅人と逆に江戸から京へもどる別の旅人とのあいだに生じる日常空間が奇妙なぐあいに歪むという現象。今現在の自分の居場所が次第にわからなくなるという認識の混乱をネタに喜劇がうまれる。至極当然の事柄も視点を転換するとまるで別物に変化するのか。別の機会にこの作品の発展形=「続編」に出くわすことを期待したい。

 ところで「新 千作・新 千五郎襲名」関連の公演はこれで二度目だ。昨年10月大槻能楽堂(大阪)では両氏の『襲名披露公演』を見ている。今回の公演と比較するべきではないかもしれないが、わたし的には皮切りの「三番三」ほか三曲とも初めての演目ばかりで10月よりも濃く楽しめた。

 「三番三」は五穀豊穣を願う祈り、予祝が趣旨なので足を踏みならし、手にもつ鈴を振り鳴らす。まさに魂振りだ。季節、気候、その他の理由で衰えた生命のエネルギーを再度活性化させようと地の神、田の神(畑の神)に呼びかける。ただ少し残念だったのは稲穂の象徴である鈴の音がお囃子に負けてしまったことだ。もっとよく響く鈴を振り鳴らしてこそ神々の耳に届く、また「鈴舞い」のありがたさが観客に伝わるのではなかろうか。

 「三番三」(「三番叟」)は大衆演劇で正月三が日に演じられるものは親しんできたが、神事という点では両者に共通する原始的な宗教性を感じる。

 4月1日の公演での「三番三」と「髭櫓」はわたしにはひとつ驚くことがあった。わたしが知らなかっただけだが、http://www.nohkyogen.jp/visitor/noh7/noh7.htmlによると能だけでなく狂言でも囃子方が登場するそうだ。登場したメンバーは大倉源次郎(小鼓)と山本哲也(大鼓)という手練の奏者が入っていてわたしにとっては喜びが倍増する思いがした。

 能狂言の舞台に接して毎回思うのだが、演者、奏者ともに苦痛をともなうと思える姿勢を長時間とらねばならないのは若干痛々しい。こんなこというのは余計なお節介どころか失礼にあたることは承知しているつもりだ。それでも老年期になるとやはり大変だろうなと思わざるをえない。たとえば立位から座位に移る場合、床に膝がぶちあたる音。痛そうだ。どうせ袴で隠れて見えないのだからニー・パッドをつけてほしいと思ったりする。

人間国宝・梅若玄祥は芸と演出力がともに冴える

能『安達原(あだちがはら)』白頭、急進之出

2017年3月20日、山本能楽堂(大阪)

シテ 梅若玄祥

ワキ 福王和幸

 

 『安達原』は物語の背景に都(京)の公家に仕えた乳母の悲しい伝説がある。乳母は自分が育てている姫の病を治したい思いに駆られるあまりそれと知らずに自分自身の娘を殺害する。犯行後事態を悟った乳母は気が触(狂)れて山奥に隠れ住むようになる。世間の噂によると人間の血が恋しさにこの狂女は山に迷い込んだ人間を次々とくらうとか。そういう次第で山姥、鬼女とよばれるようになる。鬼女の死後祟りのないようにと地元民により墓がたてられ「黒塚」とよばれる。

 なくもがなの粗筋を少しだけ。(現在の福島県安達太良山(あだたらやま)付近をさすらしい)安達ヶ原でのこと。そこに修行のため諸国を行脚する山伏の一行三人が通りかかる。日が暮れて宿を探す一行は山道で親切そうな老婆に出会い、老婆の家で一夜を過ごすことになる。夜の冷気に震える山伏たちのために老婆が薪を刈りに外出するが、一行の中でも一番年若い見習い山伏が老婆の正体を知りたいという好奇心を抑えきれず老婆の寝室をのぞく。するとそこにはおびただしい数の人間の骨が散らばる。やがて老婆がもどるが、寝室をのぞかれたことを察知した老婆は激怒し、その姿は見るも恐ろしい鬼婆に変身している。山伏を食らおうとする鬼女とそれに法力で対抗する山伏たちの壮絶な対決が始まる。長い戦いの果てに鬼女は法力で調伏され退散する。

 見どころは親切そうな老婆が見せる実に緩やかな動きが印象的な前半部と自分が人食い鬼だという人に知られてはならない秘密を露見させた山伏たちに対する怒りに燃えた鬼女の激しい動きとの鮮やかなコントラストである。「急進之出」と小書(こがき=一段小さい文字で示される添え書き)にあるが、これは後半部で鬼女の正体を表わす老婆が突如として激しい体の動きを見せることによる。この演出法を選んだ玄祥氏の演技はメリハリがきいていて楽しめた。

 だが静と動の対比が生むビジュアル面でのおもしろさばかりにとらわれるべきではない。後半部で鬼女がつける鬘が白い点にも注目。このことは小書に「白頭(しろがしら)」と明示されている。白頭は能のきまりとして「老体」を表わす(注1)。白頭をまとう鬼女。前半部で見た老婆の老いが強調される後半部である。自分の子を殺め、さらに人食いに耽るという地獄落ちの大罪を犯した過去をもつ女性。この女性が長年苦しんできた呵責の念は老年期にいたりますます強まる。そういう老女の姿の哀れさが観客の心を打つはずだ。人間に災いをもたらす存在とはいえ、哀れを誘う鬼女の姿。

 山伏が奥深い山中での厳しい修業の末に修得した法力(験力 [ゲンリキ])のおかげで鬼女は長年苦しんだ煩悩から解放されたのかどうか。心の平安をえた鬼女は彼岸の世界へと旅立つはずだと期待したい。

 ちなみに特殊演出法のもう一つの選択肢として(前半部の「静」と後半部の「動」を対比的に浮き上がらせる「急進之出」以外に「長絲之伝」がある。「長絲之伝」の場合、前半部で老婆(実は人食い鬼婆)が見せる糸繰りの場面を時間をかけて丁寧に描く。この糸繰りという仕草について上演後の質疑応答のセッションで玄祥氏がわが子の命を奪い、人食いに耽るという罪深いおのれの半生にじっと向き合い耐えている姿を彷彿させるという趣旨のことをおっしゃっておられた。今回ははずされたが、この「長絲之伝」に籠められた思いが「急進之出」版にも静かに息づいているにちがいない。

 この作品の前場(マエバ)と後場(ノチバ)のはざまで演じられる間狂言(あいきょうげん)に登場したのが人間国宝狂言師野村萬(1930年生まれ)の孫にあたる若手狂言師野村太一郎(1990年生まれ)。山伏の心得がまだまだ乏しい見習い山伏として出演。三人連れ山伏の先達の言いつけも何のその、好奇心溢れる若さに任せて老婆が人食い鬼だと露見させる役回りを軽やかな身振りで演じていた。若干26歳の野村太一郎は山奥にひっそりと暮らす親切な老婆の静かな一面を描く前半部とおなじ人間が残虐、無慈悲な鬼女でもあることを暴露する後半部の境界に位置して両者の大いなる落差を照らし出す重要な役目を担う。まさに人間世界と魔物の棲む世界を行き来するトリックスターを彷彿させた。この若手狂言師を抜擢した玄祥氏の眼力がすごい。

 私事ながら野村太一郎氏については観劇後自宅で偶然見つけたyoutube動画に映された彼の5年ほど前の姿を見ることになる。2012年10月16日に放映されたバラエティ番組『もてもてナンティナイン』の特集『究極の御曹司軍団SP』にとり上げられたひとりが太一郎氏。人間国宝である祖父の前で稽古をするものの、その芸の拙さに何度もしかめ面を見せる祖父の姿を無慈悲なカメラがとらえている。当時はまだ子どもっぽさが抜けない太一郎氏だったが、今回の舞台では腰の据わった演技を見せていたとわたしは思う。

 今回の公演全体として印象深かったのは梅若玄祥氏の卓越した芸はいうに及ばず、出演者全員(役者、囃子方地謡)の統制のとれたアンサンブル効果というかそれぞれの秀でた芸の相乗効果である。私見だが、共演者、能楽界の中堅として注目される役者のひとりワキ方名門福王流の出、福王和幸(1973年生まれ)の山伏がとりわけ輝いていた。 

 

(注1) 石井倫子・著『能・狂言の基礎知識』、角川選書、2009年(google booksのサイトで読める)によると赤頭は神、龍神、天狗など超人的存在、黒頭が怨霊、童子、そして白頭が老体、神霊を表象する。