読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笛方 藤田六郎兵衛(ふじた ろくろびょうえ)は多面的なアーティスト

 今年(2017年4月8日)に催された「篠山春日能」については別記事で述べさせてもらった。本記事はその続きみたいなもの。

 藤田六郎兵衛さんの(わたしにとっては)意外な面貌について。これまで見たどの笛方も舞台では気難しそうな顔をされていた。藤田六郎兵衛さんも例外ではない。

 終演後地元を走るバスでJR篠山口駅に向かう。能公演の会場であった春日神社そばにバス停がある。だが、バスが来るまで20分あまりあったのでお土産でも買っった後次のバス停から乗ろうと考えた。

 バスに乗り込んでしばらくしてわたしのそばの座席に六郎兵衛さんがおいでではないか。ご自身のスケジュールが混んでいて急いで次の仕事先へむかうところだったかもしれない。そのときも気難しそうなお顔で、すばらしい演奏に対するお礼をひとこと述べたかったけれど気後れしてできなかった。

 先日藤田六郎兵衛さんのことでネット検索していてご本人のHP (http://fujitaryu-noh.jp/) 偶然発見。トップ・ページの右側にある「フォトギャラリー」 をクリックするとご本人が出演した動画を見れる。

 この一連の動画を見て驚いた。御本職の能管演奏ばかりではないのだ。かつてはミュージカルに出演されたり、洋楽とのコラボ、講演などさまざま。多才なお方だ。歌唱の動画もある。おしゃべりしているときの六郎兵衛さんを見ると実は大変人懐っこい御仁だとわかる。

 ちなみに六郎兵衛さんにふれた(2009年1月9日付けの)ブログ (http://pinhukuro.exblog.jp/9379476/) もおもしろい。「三流の笛方は超一流だった あぜくらの集い・「新春『笛』の音楽会」(国立能楽堂)」。