読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浪花劇団「蛇々丸」は孤高の人

かつては「浪花劇団」という旅役者の正統派の伝統を継承する劇団で四人の若手(現在は三人)がどう成長するか、それが楽しみで応援していた。しかし新之助座長の「自己中」ぶりに辟易して観劇しなくなった。そんな次第でベテラン役者蛇々丸浪花めだかの芸を楽しめない状態だ。

 

先日偶然に蛇々丸ご本人が立ち上げたらしい(?)ツイッターを見つけた。https://twitter.com/jajamalu_offici

ここで最近(2016年7月、8月)の蛇々丸の舞台写真を見てこの役者のすごさにあらためて気づかされた思いがする。

 

前々から蛇々丸橘小寅丸を誘って一座を立ち上げてほしいとは思っていた。でも(わたしが勝手に想像する)蛇々丸ご本人の性格から推察して座長として雑事にも配慮しながら劇団経営、運営するのはむりというかご本人の強みや持ち味をおしつぶすことが危惧される。それで融通がきくというか、わがまま気ままもかなり許される現在所属する浪花劇団で蛇々丸固有の立ち位置を保つのがベストだろうと思うようになっている。

 

上記ツイッターをはじめネットに掲載された舞台写真を見るとどれも蛇々丸がいかに孤高の人だと思い知らされる。蛇々丸が舞台に立つとき蛇々丸は浪花劇団という現実的文脈などその意識から完全に消滅しているにちがいない。わたしとしてはあえて孤高の「芸術家」とよびたい。

 

蛇々丸はそういう単にベテラン役者という域をはるかに凌駕した希有の存在なのだ。群舞であれ芝居の一登場人物を演じる場合であれ、蛇々丸は集団の和を乱すことなくただ一人屹立する芸人、役者、芸術家だというほかない。とにかくスゴイ。